◇一般歯科

 あびこスマイルデンタルクリニックでは、患者様のお話をよく聞き、理解するように努め、正しい診断を行い、患者様と一緒に最良の方法を考えたいと思っております。

虫歯の治療

GF053_72B.jpg 虫歯は、風邪と同じように細菌が原因で起こる感染症です。生活習慣が乱れたり、口の中の不衛生な状態が続くと、虫歯菌が砂糖から作った酸により歯を溶かすことで、虫歯になります。
 虫歯は確実に予防できるものですが、残念ながら虫歯になり、歯を削り、歯を失う方が多くいらっしゃいます。歯に穴が開いてしまった虫歯には自然治癒はありませんので、歯を長持ちさせるためにも、早期発見・早期治療を心掛けましょう。

 

早期発見・早期治療

    ○ 冷たいものや温かいものがしみる

    ○ ときどき痛む

    ○ 歯に穴が開いた

 上記のような症状があったら、早めにご来院ください。

 

 

 ◆ 虫歯の進行と治療方法
LIN_057.GIF 

 CO(シーオー) 歯の表面のエナメル質が浅く溶け、白く濁り透明感がなくなった状態

【治療法】
正しいブラッシング指導と、再石灰化を促し自然治癒を目指します。歯は削らずに、フッ素コーティングをすることで虫歯になりにくい歯質を作ります。

C1(シーワン) エナメル質が溶け始め、虫歯が始まった状態
エナメル質には神経がないので痛みはありません。

【治療法】
正しいブラッシング指導と再石灰化を促進し、虫歯の進行を抑えられれば削らずに済みます。

C2(シーツー) 虫歯が進行し象牙質まで達した状態
エナメル質より柔らかい象牙質は進行が早く、徐々に痛んだり歯がしみたりするようになります。

【治療法】
数回、通院していただき、虫歯に侵された象牙質を取り除き詰め物をします。

C3(シースリー) 虫歯がさらに進行し、歯髄(神経)まで及んだ状態
大きな穴が開き、炎症(歯髄炎)を起こすと激しい痛みがあります。虫歯が歯髄まで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。

【治療法】
虫歯に侵された歯髄と象牙質を除去し、根管内の除菌・清掃(根管治療)することで、歯を助けることができます。

C4(シーフォー)  歯の頭の部分(歯冠部)が溶けて、歯の根だけが残った状態
すでに歯髄は死んでしまっているので痛みは感じませんが、顎の骨にまで炎症が進行することもあります。

【治療法】
歯根の先に袋状に膿がたまり出した場合、歯を残すことが困難になります。
症状によっては根管治療を行い、被せ物をしますが、歯を残せない場合には抜歯を行い、ブリッジや入れ歯、インプラントによる治療を行います。

   

歯周病の治療

7411944.jpg 歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気のことで、歯を失う一番の原因です。症状としては歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりということがあります。しかし初期段階では自覚症状がほとんどないので、気付いていない方が多いだけで軽度のものも含めると、日本人の成人の約80%が歯周病といわれています。
  以前は、歯周組織から膿が出る症状のことは、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」といわれていました。現在では、「歯槽膿漏=歯周病」として認識されており、歯周病と呼ばれることが多くなっています。
 歯周病は悪化すると最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。
 そのため、定期的に歯の検診を受け、虫歯と同様に早期発見・早期治療をすることが重要となります。

早期発見・早期治療

       ○ 歯磨きをしたときに出血する

       ○ 歯肉(歯茎)が赤く腫れている

  
 上記のような症状があったら、早めにご来院ください。

    

   

 ◆ 歯周病の進行
LIN_057.GIF  

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯石や歯垢がたまり始め、歯肉が赤く腫れます。ちょっとした刺激でも出血しやすくなります。 歯肉の腫れが大きくなり、歯と歯肉の間に「歯周ポケット」と呼ばれる深い溝ができます。歯槽骨も溶け始めます。 歯肉は赤く腫れ上がり膿が出て、口臭もひどくなります。歯がぐらつき、不快感を感じます。 歯槽骨はほとんど溶けてありません。歯肉は腫れて痛み、歯を支えるのも困難で、最後には抜けてしまいます。