◇インプラント

 インプラントは、日本語で「人工歯根」と言い、その名前の通り、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を取り付ける治療方法です。
 以前は歯を失うと、入れ歯かブリッジという治療法しかありませんでした。このような治療法は、土台となる歯に負担が掛かったり、入れ歯がずれたり、違和感を感じたりすることがあります。しかし、インプラントは顎の骨に馴染み、しっかりと固定されるので、自分の歯のように良く噛むことができますし、見た目も自分の歯に近いため、快適な生活を送ることができます。

従来の治療法との比較

 ◆ 入れ歯
LIN_057.GIF

【メリット】 

 ・ 保険が使え、治療費を安く抑えることができる場合がある

 ・ 手術の必要がなく、比較的、短期間で入れ歯を作成することができる  

  

【デメリット】

 ・ 違和感を感じる

 ・ 噛み合わせが悪く、硬い食べ物が食べにくい

 ・ 見た目が良くない場合がある

 ・ 入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担が掛かりやすい

 ・ うまく発音できない場合がある

 ・ 食べている最中や、話をしている最中に入れ歯がズレたり、取れたりすることがある

 ・ 食べ物の味覚や触感が鈍くなる

 ・ 食べ物が挟まりやすく、不衛生になりやすい

 ・ 噛む刺激が少ないため顎の骨が徐々に痩せていき、その都度、調整が必要となる

 ・ 口臭が強くなる

    

 ◆ ブリッジ
LIN_057.GIF

【メリット】

 ・ 固定式であるため装着しても違和感がなく、良く噛める

 ・ 見た目を自分の歯とほとんど同じようにすることが可能

 ・ 保険が使え、治療費を安く抑えることができる場合がある

 ・ 比較的、短期間で作成することができる

   

【デメリット】

 ・ ブリッジを固定するため、土台となる健康な歯を削る必要がある

 ・ 土台となる歯に負担が掛かるため、いずれその歯を失う可能性がある

 ・ ブリッジと歯肉との間に食べ物が挟まりやすく、不衛生になりやすい

 ・ 発音に影響がでる場合がある

 ・ 歯が抜けた部分の顎の骨が痩せてしまい、歯並びが悪くなる場合がある

 ・ 土台となる歯が健康な歯でないと治療できない場合がある

    

 ◆ インプラント
LIN_057.GIF

【メリット】

 ・ 食べ物を自分の歯と同じように噛むことができ、味覚や触感なども良く分かる

 ・ 周りの歯を削る必要がなく、負担も掛からない

 ・ 硬いものも噛むことができる

 ・ 口の中の違和感がなく、見た目を自分の歯とほとんど同じように仕上げることができる

 ・ インプラントが顎の骨に力を加えるので、骨が痩せるのを防ぐことができる

 ・ 発音に影響がない

 ・ 適切なケアにより長期間の使用が可能

 ・ 多くの歯を失った場合でも対応が可能

 ・ 良く噛めることで全身的な健康にも良い影響を与えることができる

  

【デメリット】

 ・ 保険が適用されないため、費用が高くなる

 ・ 治療期間が長い

 ・ 自宅でのケアの他に、歯科医院での定期検診が必要

 ・ 外科手術が必要

 ・ 手術できず、インプラントを適用できない場合がある

インプラントの治療の流れ

 @ 診断・治療計画の説明 
インプラントの治療が可能かどうか、診察、レントゲン撮影などを十分に行ない診断します。その後、治療の計画についての説明をします。
aq_ya_spk_d.gif
 A 歯科治療
インプラントの治療を始める前に、必要であれば虫歯や歯周病などの歯科治療を行い、口の中の衛生状態を整えます。 
aq_ya_spk_d.gif
 B インプラントの埋め込み
インプラントを埋める部分の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋め込み、開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。
aq_ya_spk_d.gif
 C 治癒期間
埋め込んだインプラントと骨がしっかりと固定されるまで、3〜6ヶ月程、治癒期間を設けます。治癒期間は骨の質などにより個人差があります。治癒期間は仮歯を入れているので、見た目は問題ありません。
aq_ya_spk_d.gif
 D 人工の歯の作製・装着
骨とインプラントの安定を確認し、しっかりとした土台ができたら、口の中の型を採り人工の歯を作製します。その後、インプラントに人工の歯を装着し完成です。人工の歯の形や色などは患者様の歯に合わせますので、自然な仕上がりになります。
aq_ya_spk_d.gif
 E メンテナンス・定期健診
インプラントを長持ちさせるためにも、日頃の正しいブラッシングと定期健診が大切です。定期健診では、歯科医師や歯科衛生士による定期的なメンテナンスやクリーニング、正しいブラッシング指導を受けてください。